「家賃支援給付金」について

地代、家賃(賃料)の負担軽減を目的とした給付金です。

・2020年の5月~12月の売上高のうち、1ヶ月で前年同月比▲50%以上、または連続する3ヶ月の合計で前年同期比▲30%以上が条件。

土地・建物を賃貸借でない形態で契約していても対象となる場合があります。
(中小法人向け(別冊)p42~45、個人事業者向け(別冊)p26~29)

契約書が存在しない場合でも対象となる場合があります。
(中小法人向け(別冊)p46、個人事業者向け(別冊)p30)

その他、例外的に認められる場合もありますので、詳細は下記「申請要領」をご覧ください。

2020年7月10日

「家賃支援給付金」の申請受付 7/14開始

中小企業庁において、「家賃支援給付金」の申請受付けが7月14日から開始されますのでお知らせいたします。

この制度は、5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、テナント事業者の地代・家賃の負担を軽減する目的で給付金が支給されるものです。

  「家賃支援給付金」チラシ

詳しくは以下のサイトをご確認ください。
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

2020年7月8日

新型コロナ対策実施店舗向けステッカーの申込みについて

申込期間:2020年6月26(金)~8月31日(月)


感染防止対策を実施していることをわかりやすくPRするため、「新型コロナ対策実施店舗向けステッカー」が作成されました。
各事業所、店舗が感染防止対策を実施していることをステッカーにより利用客にわかりやすくPRすることで次の効果を期待しています。

  • 事業者は、感染防止意識が高まります
  • 利用客は、安心して利用できます

入手を希望される方は、「申込書」「宣言書」を、事業所・店舗が所在する市町村窓口へ提出してください。

※ステッカーは店舗毎に2枚までとなります。(郵送等により配布)

2020年7月1日

2020年7月1日より「レジ袋有料化」スタート

「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)」 の関連省令が改正されたことにより、小売業者が商品を販売する際に、 消費者が購入した商品の持ち運びに用いるプラスチック製買物袋(以下、レジ袋)の過剰な使用を抑制することを目的として、7月1日からレジ袋の有料化がスタートします。
「小売業を営む全ての事業者が対象」となるため、SSでレジ袋(例:灯油缶カバー等)を使用する場合も例外なく対象となります。

  関係資料

 

 

 

 

2020年6月19日

「令和2年度 検知検査補助事業」6/18より受付開始

《申請受付期間》 2020年6月18日~2020年12月18日 ※組合必着


品確法登録給油所の地下タンク・配管等の点検検査費用の一部を国が支援する事業です。


詳しくは、組合事務局(058-271-2903)までお問い合わせ下さい。

2020年6月19日

「マスク」斡旋のご案内

この度、当組合にてマスクを3万枚準備いたしました。
一部費用を組合にて負担し、組合員の皆さまに斡旋いたします。


<価格> 40円/枚
※55円/枚のうち、15円を組合にて負担いたします。

<サイズ>
タテ×ヨコ 173 mm  ×  93 mm

<販売単位>
1組合員あたり、50枚単位で150枚まで
※1箱:50枚入

<引渡方法> ①②のどちらか選択
①組合事務局にて引渡し(土日祝日を除く)
②注文者へ郵送 ※送料は組合にて負担いたします

<支払方法>
末締めにて請求書を送付いたします
口振制度をご利用でない組合員様については、振込手数料はご負担願います。

<締切日>
注文が3万枚になり次第、締め切らせていただきます。


「注文書」はこちらです


 

 

2020年5月8日